掲示板

長期投資1

こんにちは!

『笑顔相続』ナビゲーターの橋本です。

 

41回目の今回は、負けにくい資産運用【長期投資①】について解説します。

 

 

∸―――――――――――――――――――――――――――――――

<目次>

  1. なぜ『長期投資』
  2. 複利効果を味方に
  3. まとめ

――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

1.なぜ『長期投資』

 

これから資産運用を始めようとしている人にとって、損をする可能性があると思うと「なかなか踏み出せない」というのが実情ではないでしょうか。

必ず殖やせるとは断言できませんが、負けにくい資産運用の仕方、つまりリスクを低くする方法はあります。

それが、『長期投資』です。

値動きのある金融商品を買う場合に、値動きのリスクを軽減しやすい投資方法です。

 

 

2.複利効果を味方に

 

『長期投資』として金融商品を持ち続ける期間は、10年以上を目安にすることをおススメします。

一般的には、持ち続ける期間が長いほど収益率が安定しリスクが減ります。

金融商品にもよりますが、複利で運用されるものであれば、長く持ち続けることでそのメリットがより大きくなります。

 

 

 

3.まとめ

 

100万円を10年間、定期預金に預けても2,001円(税引き後:1,594円)しか殖やせません。

※金利:0.02%、複利運用

金利の低いところにお金を置いておくこともリスクとなります。

 

老後の生活資金などの10年以上先に必要な資金は、多少のリスクを取って『長期運用』で殖やすことを意識することが必要ではないでしょうか。

FP研究所公式Facebook
PAGE TOP